踏切時間4巻

踏切時間(4) (アクションコミックス(月刊アクション))

 

 5分アニメが絶賛放送中の日常系オムニバスショート。

里好先生の作品がアニメで見れるとか、とても嬉しいです。

 

といっても、テレビがないのでBD待ちなのですが。アマゾンビデオで1話だけ見ました。感動。BDも1つだけだし、値段も5,000円とお安いですし、購入確定ですよ。

そんな踏切時間も第4巻。2期作れるように今後も続いてほしいです。

それにしても、今回も面白かった。最近、漫画の感想面白かったしか言っていませんが面白いんだから仕方がない! というか、うーん、という作品は感想を書くのに時間がかかるので書かないことにしてます。すごく批判的な意見が言いたくなる時は書きますけど。

4巻は冒頭からJKにタイツを勧めてくる坊主とか危険案件をぶち込んでくる采配で、さすがアニメ化作品だぜ! 恐れ知らずだな! と思っていたら、中盤でJKに異様に近づくサラリーマンとか言うさらに危険案件ぶっこん出来て、キレッキレでしたね。JKの尿意我慢とか、BL的な男子高校生のやり取りとか、エロスの化身こと真島さんネタとか、幅広く危険なコースを攻めてきていて爆笑していました。

なのに、最後は子供のころ遊んだあいつは女子だった、とかいう定番ネタを攻めてくるとか、くそぉ読者の気持ちをもてあそびやがって、という采配。

凄く楽しませてもらいました。

 

ひっじょーに満足度の高い作品。BD発売が待ち遠しいです。

面白かった。5巻も楽しみ。