こいとうたたね3巻

 

こいとうたたね(3) (電撃コミックスNEXT)

 

 安眠をテーマにしたルームシェアラブストーリーが完結。

最後の畳みかけるような展開に笑いました。

 

3巻ではネタが尽きたのか、方向性の変更なのか、完結巻だからか睡眠知識よりも二人のラブストーリー展開が濃い目で、それはそれで面白くて癒されて、最後に幸福ホルモンによる安眠効果という知識が披露されて、この漫画が幸福にあふれていて読んでいて幸福ホルモンがあふれるんじゃーと思いました。

同級生の女の子のきいくんへの憧れと失恋を描いた部分はちょっと切なかったですけど、ハナとキイくんがとてもきれいな形で結びついてくれてほっと安心しています。

23,25,26話の扉絵も少しずつ大きくなっていくきいくんとの身長差とかが素晴らしかったし、ナチュラルな感じでサービスシーンもありますが、それ以上に寝顔とか笑顔とか優しい顔とかハナの表情の変化に萌えるし、二人のやり取りに幸福感があってよかった。

最後に、ハナが設定マシマシであるメタ要素を描いてきて、確かに、と思った。文字として起こされるとこのヒロイン凄い設定盛ってるなぁ。

二人のやり取りがとても丁寧で可愛らしくて、幸福感があるから読んでいるほうもほっこりとした気分で、今後眠りが悪い時に1巻や2巻も含めて読み返して安眠実践していきたいと思います。

 

鳥生ちのり先生の次回作も楽しみにしています。

幸福感あふれる作品、ありがとうございました。