復讐を誓った白猫は竜王の膝の上で惰眠をむさぼる

 アリアンローズ新人賞受賞作のコミカライズ。

コミカライズ担当は、あきさんなので安定感、面白ささすがです。

 

原作未読。あきさんの絵にひかれて購入。あきさんの絵、相変わらずすごく可愛いなぁと思って読み始めたら、めっちゃ面白いですやん! 可愛いし、面白いし、ほっこりするし、すごく良かったです!

物語は異世界召喚された主人公が精霊に好かれる才能を武器に無双する話? 1巻のところは主人公がすごーく精霊に好かれてて、すごーい! という男向けなろう小説によくある主人公称賛&チート才能の女の子版といったところなのですが、主人公がこれまで苦労してきたこととチート才能でイキがるわけでも、復讐する、と言いながらすぐそのことを忘れてしまうなど、ほのぼの要素が強くて和みました。

若干、主人公すごーい展開が続いたのが鼻につきましたが、初期設定紹介ということでしょう。2巻以降はその設定をもとにどう話を動かしていくのか楽しみであります。主人公の性格が温和でほのぼのしているから、きっと何があっても癒されそうな気がします。

主人公が温和というか、抜けているというか、天然というか、バカというか、そういうのは女性向けなろう小説系だとよくある性格設定なのだろうか? まぁ可愛いとは思うが、どうなんだろう。

 

コミカライズ担当があきさんなので、イラストのクオリティや話し運びなどは非常に高いレベルです。いやもう、主人公が可愛いの! 最初の眼鏡姿はドストライクで、でも途中から裸眼になって悲しかった。眼鏡姿はもう出てこないのかなぁ。

猫の姿になる展開は、そーきたかぁと意外性もあり、また結構自由に変身できるようで、これは2巻以降というか、タイトルや冒頭のような形になるのにどういう物語があるのか、すごく楽しみです。

 

非常に面白い作品。なんだ、女性向けなろう小説は時乃の完成に直撃しまくる作品ばかりだな! すごく面白かったです。2巻が楽しみ。