であいもん4巻

浅野りんさんが描く、京都×和菓子×家族の物語も第四巻。

こっちの家族ものは切なさはなくて、ほっこりとした。

 

季節は冬。クリスマスからバレンタインデーまでが描かれています。もう四巻第一話の破壊力がヤバイ。読んでいる方も色々な意味でハラハラするお話でしたね。たぶん、僕が今まで読んだ恋愛モノの中で一番水面下でピリピリしている感が出ている気がします。この和の恋愛事情がきちんとした結末を迎えるのかもまたこの作品の大事なところですよね。

第二話では和菓子、第三話では咲季くんの家族の話、第四話で和菓子、第五話で一果の話があって、一つの巻としてのバランスがとってもキレイで上手。ここらへんはさすがベテラン漫画家という安定感。トータル総合力が高いんですよね。

 

次の第五巻では季節が一周りしますが、一体どういうふうに物語が進んでいくのか楽しみです。