私の少年4巻

 累計70万部突破で、色々なところで取り上げられている本作。

14歳になった真修がすごく良かった!

 

前回の遭遇から始まった4巻。これまでになかった真修視点で物語がかなり進んでおり、14歳という年齢でありながら昔よりも成長し、男の子になった真修が可愛くもあり、微笑ましくもあり、素敵でしたね。

ええ、特に聡子へアドレスを渡したり、連絡が来るのを待ちわびていたり、来た瞬間の喜びの顔や聡子が距離を置こうとした態度に動揺したりとその一挙手一投足が可愛らしく、健気です。そして何より美少年。

もう今回は1ページ1ページが重たかった。どう話が進んでいくのか、どんなふうに描かれていくのか、すごくゆっくりと読んだ。LINEのアイコンや連絡があったときの顔や自販機に立つ姿や本当にひとコマずつ丁寧で、真修の喜びとか悲しみとか、寂しさとか伝わってきて応援したくなる。

最初は一気に二年が経過してどうなるかと思いましたが、非常に丁寧に進んでいて安心しました。

 

5巻では真修がどれほど男を見せてくるのか、楽しみです。