ミント・チェリー・ブロッサム

 

ミント・チェリー・ブロッサム (マーガレットコミックス)

ミント・チェリー・ブロッサム (マーガレットコミックス)

 

 初めて手にした作家さん。

一応、少女漫画もチェックはしてたりします。

 

少女漫画の場合、作家も何もわからないので表紙の絵とあらすじを読んで考えます。だいたいは表紙の絵に惹かれたらですねー。少女漫画のレビューサイトとかあれば教えてほしいところです。

で、今回の作品ですが表題の作品と読切のセンチメンタルサニーの二本収録。

 

うーん、女の子は可愛いんだけど、男の子に魅力がないかな。

どちらの作品も短い中でヒロインや女の子の魅力や個性がよく出ていて可愛らしかった。表題の作品も、主人公れなこと親友のアイの関係が非常に百合百合しくて、素晴らしかった。少女漫画くらいの百合が実は一番好きだったりします。

で、ヒロインが魅力的なのに対して男の子がなぁ。男目線だからでしょうか、あまり魅力的に思えなかった。まっすぐにヒロインだけに向かう姿勢とかはいいんだけど、台詞とか行動とかなんか、きもい。男主人公視点だったら、共感とか持てるかもしれませんが、少女漫画視点だと心情が描かれないため行動だけ見ると、うーん。

あとピアスが。ピアスが合ってない。

セリフと行動とキャラの外見の組合せがなんか変に感じて、けっこうな頻度でピアスが描かれていないのも気になって、カラーページっぽいところでピアスないのを見て、だったらもういらねーだろ! とか思っちゃって。

 

もう一つの読切ですが、キャラの系統が似ているなぁ、と。一緒ではないし、違うことは違うんですけど、なんだろう。方向性が似通っているから、単行本として合わせてきているのかもしれないけど、表題作と読切の両方とも似たような系統だと意外性がなかったかな。この作者さんはこういう系統しか描けないのかな? と思ってしまった。

 

絵は綺麗な方だし、ヒロインは魅力的。単行本表紙のイラストには力を感じる。

でも、男の子が微妙。そんな作品でした。