俺を好きなのはお前だけかよ6巻

 

俺を好きなのはお前だけかよ(6) (電撃文庫)

俺を好きなのはお前だけかよ(6) (電撃文庫)

 

表紙の水着でその姿勢は反則だと思います。

冒頭からしてこの作者凄いな。

 

あとがきでもありますけど、右から読んでも左から読んでも読めるというネタに凄い時間がかかったそうで、そりゃ時間かかるだろ、と。かなり手間がかかっているのがわかります。お疲れ様です。面白かったです。

実はこの作品と、通常攻撃~と、友人キャラは一日で一気に読んだのですが、面白さの順位で言えば俺を好き~>友人キャラ>通常攻撃~、でした。笑いのセンスがこの作品が一番高かった。それは冒頭のこだわりもだし、随所に出てくるメタネタやパロディ、展開的な面白さやキャラの生かし方、そして天丼として優秀な装置と化したベンチ。お色気ネタも水着に浴衣、バニーにお着替えに各ヒロインとのデートなど挿絵も含めて完璧な布陣。隙のない構成でした。

特にいつものメタネタであるイラストレーター=神への願いが今回はコメディギャグとして生かされていたのはよかったですね。それでいて挿絵が多く、バニーや浴衣などもあって、ブリキ神の頑張りがすごい。サザンカの浴衣絵は特に素晴らしい。

 

ただメタネタで、ジャンプ+の宣伝があったのはさすがにやりすぎ。コミカライズまでのフォローはちょっと引きました。

 

今回は特正とたんぽぽ回であり、各ヒロインの個別イベント。まさかベンチと特異点が登場するのは予想外だったので面白かったです。そして、次回への強烈な引きとともに、なんか北海道に行った幼馴染とか、中学時代の友人とか、色々と伏線を引いておりました。

あとこれ、夏休み編といいつつ、甲子園がまだだから夏休み編前半ですよね。で、次回が後編かな。2学期編は八巻からかなぁ。

6巻まで来て、グダッたり、面白さが下降しないあたり、さすが。

今後どういう展開でどう決着をつけていくのか、楽しみです。