かりん歩2巻

 

かりん歩 2 (MFコミックス フラッパーシリーズ)

かりん歩 2 (MFコミックス フラッパーシリーズ)

 

この作品って本当に卑怯ですよね。

高杉さん家のおべんとう、を読んでいた方を掴んで離さない構成だなぁ。

 

前作キャラがホントよく出てくる。それに加えて、本巻では久留里のウエディングドレス姿を描くという卑怯な演出。あー、前作が好きだった人をガッツリ掴んで離さないようにする気だなぁと。

さて、肝心の内容はと言うと、あとがきでも作者が書いているのですが、ブラタモリの名古屋編と内容がすごい被っていて、そっちを見た方がわかりやすいかもです。見れるのか?

基本的にはゆったりテンポで、散歩や地理学などがメインなので、物語性が薄い。喫茶店の経営をどうにかする、という問題に対してゆるーい感じなので、あとは本当に交流を深めるだけの話で、今一つフックがない。だからこそ前作キャラを出して引き継いでいるのかもしれないんですけど、うーん。

名古屋の人が読んだら今回の話は面白いんだろうなぁ、とは思う。

 

うーん、保留で!