兄の嫁と暮らしています3巻

 

兄の嫁と暮らしています。(3) (ヤングガンガンコミックス)
 

 今押したい漫画10選とか言われたら確実にノミネートする作品。

表紙見て、カバー捲って、ああ、やばいなぁってなる。

 

この作品ほど明暗が一話ごとに混在している作品はないと思う。二人にとってかけがえのない存在の欠落。それを埋めるために暮らしているけれど、まるで落とし穴のように欠落が生み出す闇が出てきて、読んでいると切なくなっていく。

温かいんだけど、泣きたくなる。ほわっとしたかと思ったら、ああっと言いたくなる。

この緩急がすごい。だいたい、カバー表紙で二人が地図を見ている絵を見せておいて、カバー捲ったら、兄と嫁が地図を見ていて、妹はやってらんねーって、あーもう!

そういうのの連発です。先に落ちていちゃついて回復するか、いちゃついたら落ちちゃうか、その連発。

お盆とか普通描かないでしょ。それを描いてくる。そしてそのあとに添い寝とか!

添い寝だけかと思ったら、そのあとに一緒にお風呂とか! 破壊力高いです。

同時に、一生に一度のお願いが本当に一度だけだったとか、本当、どこにでもあることが本当に一度だけとなったときの破壊力というか、切なさはヤバい。

 

Webでも読めますので、興味を持った方はぜひタイトルでググってください。