ゆらぎ荘の幽奈さん6巻

 

ゆらぎ荘の幽奈さん 6 (ジャンプコミックス)

ゆらぎ荘の幽奈さん 6 (ジャンプコミックス)

 

 なんかジャンプで色々と話題になった本作。

昔の作品ほどいやらしさというか、気持ち悪さがないからいいんじゃないかなぁと思います。

 

昔の作品はぬーべーやタルルートくんなど、エロ要素があった作品は変態性というか男のいやらしさが結構出ていましたが、この作品はどちらかと言えば爽やかなエロじゃないかなぁと。登場人物(男)があからさまにエロを求める姿がないので、ハプニング系エロなどがあっても、嫌悪感を抱かないんですよね。だから読めるというか、楽しめるんですよね。

とまぁ前置きは置いといて、まずは表紙ですね。何の変哲もない表紙がカバーを捲ると絶妙な隠し具合で、名人芸ですか? これが隠し芸ですか?

そして文化祭の劇の回でラブコメのラブの部分とシリアス要素を重視し、次の回でエロスゴロクにより、エロ要素とコメディ要素を重視する。この緩急! 無心になるのだ、コガラシ、には笑いました。

続いて、ラブシリアス回。第6巻は本当に恋愛面で一気に進展しました。そしてコガラシへの恋心を自覚した三人の告白回で「ドロッドロじゃないか」というツッコミは素晴らしいですね。これぞ、今どきのラブコメディだと思います。昔のは互いに察してはいるものの、ツッコミはあえて入れず、読者にさせていましたが、今はもうセルフツッコミですよね。しかも、それを今後自覚しそうな一人にさせているのが面白い。

またシリアスにしすぎず、ラブコメらしい明るさを保ちつつ、作品の売りであるエロ要素も随時に入れている。ほんとスゲーなぁと思いながら楽しませてもらいました。

 

次回では幽奈さんの過去がついに判明するかも? ですが、非常に面白い本作。長く続いてくれることを期待します。