結婚指輪物語5巻

 

 累計58万部突破した異世界結婚ファンタジー。

1巻につき、1ヒロイン登場を何とか守った、といったところでしょうか。

 

ほほぅ、背中ですか。

カラーページからぶっ飛ばしているハーレム王物語も5巻となり、深淵王の復活や元の世界に戻ったり、5人目のヒロインが登場したり、とシリアスな展開もありつつ、5人目のヒロイン以上にヒメのヒロイン力が爆発しておりましたね。

本能よりも理性と愛を取るサトウの男らしさには惚れ惚れするとともに、こういう主人公だからこそ好感が持てます。

しかし、この作品。ここまでシリアスを入れておきながらもエロスとギャグを巧みに組み込んでくるのだから凄い。一気にシリアス展開で萎えさせられるかという不安を一瞬で吹き飛ばしてしまう。冒頭のカラーページが最後のサービスシーンかと危惧しましたが、そんなことなくお姫様一同の銭湯シーンや寸止めシーンなど、うん、満足。

それでいて下品な感じになってないんですよねー。

 

6巻では予告でかなり不穏な感じを振りまいていますが、きっとこのノリを保ったまま予想のつかない展開を描いてくれるんでしょうね。楽しみです。