図書館の主15巻(最終巻)

 

図書館の主 15 (芳文社コミックス)

図書館の主 15 (芳文社コミックス)

 

 児童書と癒しを組み合わせた図書館の物語。

ついに最終巻。15巻まで続くとは本当にすごい。

 

児童書ネタと人間関係や悩みの癒し、というコンセプトだけで15巻まで続けられたのは本当にすごいと思う。本をネタにしたこの手の物語は小説や漫画など、最近増えていますけどこの作品はその中でもトップクラスではないでしょうか。

15巻まで続いたこともあって作品のバリエーションも多く、一つ一つ丁寧なので面白い。それがここまで続いた理由なんでしょうね。

そして15巻では、舞台となるタチアオイ児童図書館閉館の危機をどのように乗り越えるか、ですね。取り上げられる本も「だれも知らない小さな国」の一冊だけ。その分、展開はとても丁寧で段階を踏んでいます。そしてタイトルの回収もしたし、宮本さんとみずほちゃんは無事にゴールインしましたし、素晴らしいハッピーエンドを迎えました。

当初は2巻で終わらせる予定だったというこの作品が15巻まで続いたのも、どの話もきっちり優しい話としてまとめていたからでしょうね。

 

良いお話をありがとうございます。