なんくる姉さん2巻

 

 久米田康治×ヤスの二人が送る、まぁいつもな感じのコメディ。

相変わらず、時事ネタを取り入れるのがうまい。

 

九十九里浜を沖縄だと勘違いするネタを数話に渡って引っ張ったのがすごい。普通一発ネタで終わらせるだろ。そしてそれと時事ネタを絡み合わせて、きっちり1話で終わらせている。ここら辺、本当に匠の技ですね。

今回は表紙の絵も関連する第10話でなんくる姉さんのセクシーショットが連発しておりました。さすが久米田先生、サービス回を心得ていらっしゃる。

今回は「気にする」というより言葉の受け取り違い、が多かった印象。それを基に話が進んでいたので、あれ、この作品ってこういう感じだったっけ? と思ってしまった。

 

しかし、1巻の時点で第10話の話を考えていたのだろうか、と1巻の表紙を見て思った。