読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あのなつ。

 

「これは恋のはなし」のチカが描くタイムリープ物語。

ぶっちゃけ「これは恋のはなし」の特別篇があったから買ったんですけど、この作品自体も面白かった。

 

まずは「これは恋のはなし」の特別篇について。

久しぶりに登場した遥と真一。もうね、懐かしいやら嬉しいやら、もっとこの二人のイチャコラした話を読みたい、と再熱してしまうお話でした。何しろ、プロポーズですよ。とにもかくにも、遥の攻めっぷりですよ。いやまぁ、確かに子供の頃からぐいぐい攻めてくる子でしたけど、もう熱烈っぷりが凄かった。

個人的に小学生時代の印象のが強いのでまだ違和感はあるんですけど、でも、こういう二人のイチャコラ話を今後も少しでいいから読ませてほしいですね。あと表紙を捲って裏側に「これは恋のはなし」の特別篇用のあとがきがありますのでお見逃しなく。

 

で、本編の「あのなつ。」ですが、1巻だけのあらすじを読んで買ったので、最初はよくあるタイプリープ物なのかなぁと思ってみたら、おいおい、関係者6人全員がタイプリープかよ、と。しかも、一人は子持ちだったから未来を改変したくないとか、すごいね! さすがチカ先生だな、と思わせる展開を描いてきます。

1巻で6人全員がタイプリープしていましたと判明していく展開は実に緊迫感があり、読んでいて面白かったです。

そして2巻ではそれぞれがどうしたいのか奔走し、迷走していく展開がタイプリープものとしても素晴らしいし、人間模様としても読んでいて面白い。

6人に届く謎のメールや少しずつ明かされるキーパーソンとなる「はる」について。そして、ヒロインを巡っての三角関係など、今後の期待値を上げていく展開が連続しております。

「これは恋のはなし」目当てで買ったのですが、思わぬ当たりでした。

3巻も引き続き買いたいと思います。できれば、「これは恋のはなし」の特別篇をまたお願いします。