三成さんは京都を許さない

表紙だけ見ると、あたかも女性向けの歴史ギャグに見えますが、違います。

これは、ご当地漫画。そして、面白いよ。

 

現代にタイムスリップした石田三成が滋賀復興のために滋賀のいいところをひたすら取り上げていくギャグマンガです。これ、面白いです。

いや、最初は買うかどうか迷ったんです。表紙の印象や石田三成とかから女性向け系のギャグかなぁ、それだと個人的にヒットする打率が下がるんだよなぁ、とか拒否感を持ちつつ、でもまぁ買ってみるか、と思って読んだ本作。面白かった。

近年、「お前はまだグンマを知らない」や「北陸とらいあんぐる」、「ススメ!栃木部」「翔んで埼玉」「ローカル女子の遠吠え」などご当地ネタを面白おかしく描いた作品がでておりますが、この「三成さんは京都を許さない」は琵琶湖で有名な、というか琵琶湖とひこにゃんぐらいしか言われない滋賀県を舞台にしたコメディ作品だ。

ご当地ネタを扱った漫画はやはりその地に住んだことがある人が一番楽しめるのだが、この作品は滋賀に住んだことがなくても面白いと思わせる勢いとネタの豊かさが素晴らしい。とにかくテンポよく、滋賀県の魅力を紹介してくる。

もうこの本を読み切ったら、今すぐにでも滋賀に行きたいと……思わないか。だが、魔境はグンマだけではなかった。関西にもこんな地があったのか、と変なノリで受け止めてしまう力をこの漫画は持っている。

第四話で滋賀県内では有名な「平和堂」について丸々一話取り扱っているのは、かつて滋賀に住んでいた身としては衝撃であり、また爆笑ネタである。この漫画、ほぼ実名を出していますけど、大丈夫なんかい、と心配になるほど。

全10話ノンストップの面白さである。いや本当に、漫画で久しぶりに大笑いしましたよ。これだけ笑わせてくれた漫画は本当に久しぶり。

 

第二巻では京都ネタも入れてくるみたいですが、いいですか、皆さん。この漫画、まだ、まだかつて廃墟としてネットで話題になったピエリ守山ネタを使っていないんです。

とりあえず、どこかに訴えられないか心配ですが、自信をもって面白いと言える本作。

おススメです。