オレが腐女子でアイツが百合オタで2巻

 百合オタの吉田と腐女子の保科、入れ替わったオタクを描いた2作目。

1巻でも十分ハイテンションで面白かったが、2巻でも加速しましたよ。

 

2巻冒頭から新キャラ投入。1巻で保科の親友が百合キャラだったからか、今度は吉田側に腐女子の新キャラ女子を投入してきました。その新キャラへの対応が過激派百合とかいう新語を生み出し、百合ネタとして面白い。

百合好きだからこそ、男女間にできたフラグは折らなければいけない、と自ら折っていく姿勢が潔い、というか面白い。何よりその行動がむしろフラグを立ててしまう結果になるのはお約束とはいえ良い。そして落ちが素晴らしい。CV:石〇彰とか、代〇翼とか落ちのおまけ漫画であって、笑った。ガチだ、そのCVはガチだ。

さらに貴腐人の登場や生理、あと吉田が処女厨である事実が描かれました。

かなりテンポよく、なにより百合オタの吉田の考えが非常に共感できるので、百合オタはぜひとも読むべき。面白いです。