この漫画が気に入った~2016年度 新規編~

さて、今年最後の日の記事はやはり「この漫画が気に入ったランキング」ですね。

今回は今年1巻が出た作品だけに限定しました。つまり、完全に新作です。既刊のものになるとこれまでと変わらないランキングになってしまうので。

それではいってみましょう。

10位 北陸とらいあんぐる

 石川県、富山県福井県の北陸三県をテーマに女の子たちがキャッキャウフフしている漫画です。一番初めに8番ラーメンを持ってくる素晴らしい導入で、方言や観光名所など1巻なのもあって定番処を攻めております。2巻以降、どれだけコアな北陸ネタが出てくるのか、楽しみなシリーズです。

9位 僕らは自分のことばかり

切れ味鋭いビターな青春物語です。天才と凡人、その様々な関わり方を描いています。青春は楽しいばかりでも苦しいことばかりでもない。米澤穂信先生の古典部シリーズが好きな人はきっと合うと思います。今後、様々な青春模様を描いてほしいです。

8位 天賀井さんは案外ふつう

スパイラルの二人が再びタッグを組んでカオスなコメディを描いた本作。城平京先生だから絶対にどんでん返しのミステリーが来るぞ来るぞ、と待ち構えていたら最後までサスペンスなんだけどカオスでコメディな展開が続くのが本作です。再びタッグを組みつつ、過去キャラを出さないのも好感度が高いです。異常に速い展開なので5巻までには終わりそうなので、スパイラルを読んでいた方はぜひ手に取ってもらいたい作品。

7位 結婚しても恋してる

1巻はクソ甘ったるい話で、2巻は社畜の話。2巻でかなり減速はしたものの、それでも1巻のような話を再びやってくれると信じてのこの順位。タイトルの通りの話だけを描いておけば、よい作品だと思います。社畜の話を描いても、この作品を読む人には刺さらないと思います。おおもとのツイッター次第なんでどうにもならないでしょうが。

6位 れんあいこわい

表紙を開いて必ず裏表紙を見ること。レンタルショップを中心に描いた男女の物語。心に童貞を住まわせた女の子やAVマスターのお姉さん美女にやさぐれ店長、BL好きの孤高腐女子などなど一筋縄ではいかない女子たちが面白いです。

5位 オレが腐女子でアイツが百合オタで

この百合男子、できる!? 百合オタと腐女子が入れ替わったコメディ。とにかく主人公の男の子の百合理論が素晴らしい。これまで読んできた度の百合男子よりも一番共感が出来る百合男子で、彼とならうまい酒が飲めると思ったほど。百合好き男子はぜひとも読んでほしい一冊です。

4位 はるかなレシーブ

ビーチバレーと女の子と百合。この組み合わせ、ありそうで今まで出会いませんでした。ビーチバレーだから露出が多く、サービス満点。男の子の出演が徹底的に排除され、女の子ばかりが登場する作品作り。ぜひともこのシリーズは人気になってアニメ化してほしいなぁと思っています。

3位 ゆらぎ荘の幽奈さん

ジャンプで今最も勢いがあるラブコメじゃないでしょうか? 単行本になって発行される乳首券は毎回話題になりますし、当サイトに来る人の3割近くがこの作品の感想を読みに来ております。皆さん、やはりエロが好きなんですね。でもこの作品、いい話も合間合間に挟んでくるのでその落差にご注意ください。

2位 私の少年

年上のお姉さんは好きですか? 年下の男の子は好きですか? 恋愛もの? というにはまだ不確定な年の差交流物語。絵に力があり、ストーリー展開に強さがあります。積み上げながらも不安定なバランスが感じられ、それが魅力ですね。今後どういう展開が待ち受けているのか、目が離せません。

1位 兄の嫁と暮らしています

そして1位がくずしろ先生のこの作品。今年はくずしろ作品を大いに楽しませてもらった一年でした。この作品は百合であったり、家族物であったり、絶妙な距離感が読んでいて楽しい。同時に、最愛の人を亡くした喪失感が作品の隅に見え隠れしています。お互いに遠慮しながら、少しずつ家族になる二人。同時に失ったモノを互いの存在で埋め合わせようとする寂しさ。この先の展開が非常に気になる一冊です。

 

以上、2016年の新規作品に絞ったランキングでした。まだ1巻しか出ていない作品から3巻まで出ている作品までありますがどれもすぐに手を出しやすいと思います。

良ければこの機会に読んでみてください。

そして、2017年はこの作品の続編、そしてまた新たな作品に出会えることを楽しみにしています。