読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君の名は。

 

 映画を観てから小説を読破。

この内容なら映画だけで大丈夫ですよ。

 

決して悪い意味ではなく、それだけ映画がよく出来ていたということ。

これまでの新海誠作品はたいてい映画は描写不足、説明不足で小説を読んで改めて知る、ということが多かった。それと比較して、本作は映画だけでほぼすべて説明できており、小説で判明する新事実も物語の受け取り方に影響を与えるものではないし、映画が本当によく出来ていたと再認識する。

個人的には時間差を夢見の時点で気づかなかった理由が説明されていると良かったのだが、その辺に関してはノータッチだった。他のガイドブックとかでもノータッチだし、なんだこれ、触れちゃいけないところなのか?

記憶が曖昧になる、とは説明されているけど、一文くらい説明が入っていてほしかったかなぁ。

 

また、映画ではテンポよく進む前半の入れ替わり事象が小説だと描写がある分スローテンポになるので、そういったこともあって映画のが優れているなぁと思った。

場面転換やストーリー展開は非常に素晴らしく、映画の情景がありありと浮かんでくる。

そして最後まで描かれているので、映画を見る前に読んでしまうと映画の最後の感動を味わえないので、この小説は絶対に映画を見た後に読む方がよい。

 

ノベライズとしてしっかりしている分、映画を見る前に読んでは絶対にいけない一作。

また、小説を読むのが得意でない人は無理して読む必要はない。読書感想文で「君の名は。」を書きたい場合は除く。

ちょこっと補足説明も加わるので、深い部分まで知りたい人は読んでいいと思います。