君にさよならを言わない2巻

 

君にさよならを言わない 2 (宝島社文庫)

君にさよならを言わない 2 (宝島社文庫)

 

 おいおい、13年前の僕よ。Astralがリメイクされて30万部も売れたらしいぞ。

うん、13年前の僕は絶対に信じないでしょうね。

 

というわけで、Astral2巻のリメイク「君にさよならを言わない2巻」です。

1巻同様に大幅に描写を減らして、柚の水着が黒からピンクに変わり、Astralでは打ち切りのせいで後味が悪かった静かの海での柚とのゴタゴタを明の休日を大幅に変更することで回収、といったところでしょうか。

Astralのときは明らかに3巻が出て回収するはずだった明の卒業後の進路問題。静かの海でケンカをして、なんか曖昧な決着のままモヤッとしたままの柚との関係や明の将来が今回のリメイクで大幅変更したおかげで回収されたのかな。

これで3巻が発売されなくても大丈夫だし、進路問題をなくしたからフラットな状態で3巻が発売できるとも言える。個人的には完全新作書下ろしとなる3巻の発売を熱望します。

 

で、1巻では軽いジャブ程度だったラノベ要素が今回は結構出てきていて、この作品がラノベのリメイクだったことを思い出されます。

それと柚の水着が黒からピンクに変更されたのはなんでだ? あれほどAstralでは熱弁していたのだが、やはり女性読者をターゲットにしているからかな。

 

ぼくは明日、昨日のきみとデートする、のおかげで30万部も売れた本作。

ぜひとも3巻が発売されて、Astral時代からの義妹との恋愛模様を描いてくれることを切に願います。

……その方向性は無理だと思うけど。