読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コンビニお嬢さま

 

コンビニお嬢さま(1) (KCデラックス 月刊少年マガジン)

コンビニお嬢さま(1) (KCデラックス 月刊少年マガジン)

 

 コンビニと料理とコメディを組み合わせた作品。

料理に関してはかなりガチなので、コンビニである理由があまり感じられない。

 

家庭環境のために、これまで抑圧されていたお嬢様がコンビニグルメにはまり、コンビニで売っているものをアレンジした料理を作るというのが大筋なのですが、ぶっちゃけ、コンビニで買えるものだけで限定して料理しているわけでもないし、コンビニだからこそである理由があまりない。

要はアレンジしすぎで、参考にならないし、コンビニらしさが失われているというか。

単純にコンビニで売っている商品の紹介グルメ本でもいいと思うんですけどね。で、アレンジも簡単なものほど作品の良さが際立つわけで、ここまでガチ料理されたら、もう普通の料理でいいんじゃね? と思ってしまいます。

アメリカンドッグの話などは、ケチャップとマスタード以外に合うものを探るというのは素晴らしかったが、どうせならそれもコンビニの中から見つけてほしかった。

 

2巻以降、ひと手間のグレードをどこまで落として、簡単に、美味しくアレンジできるか。

コンビニで売っているものだけで完結できるか。

そこら辺が見どころになるかなぁ。今のところ、グルメ漫画としては、そこまで魅力を感じませんでした。