読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のーぷろぶれむ家族2巻

 

のーぷろぶれむ家族(2)<完> (ヤンマガKCスペシャル)

のーぷろぶれむ家族(2)<完> (ヤンマガKCスペシャル)

 

 2巻で完結した本作。

うん、まぁ、この内容だとそれ以上は続かないよね。

 

父親が人形を妻として思い込む家族を持つ主人公のお話。設定からして重たいですが、中身も重たくて、最後まで読むと良くここまでハッピーエンドに話を展開させたなぁと作者の構成力? お話の展開力に脱帽します。

もう狂って、潰れて、終わってしまいそうな部分をギリギリのところでタイトロープの綱渡りをしているような本作。まったくもって決着の付け方が読めなかったし、ついたはついたけど、これでいいのかなぁ? という疑問符も残りはする。

ただ、ここまで主人公の心をズタボロにしながらも、ギリギリの一本を繋げているのはただただ凄い。個人的には超苦手なタイプのお話なんですが、よく読み切った。たぶん作者の物語を展開する技術のたまものだと思う。

 

色々な意味ですごい作品でした。