KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV


KINGSGLAIVE FFXV 劇場特報第1弾 / キングスグレイブ ファイナルファンタジー15

 

はい、というわけでKINGSGLAIVE FINAL FANTASY XVを見てきたので、感想でも書こうかと。

評判通りに映画館で見るべき映画なんだけど、ゲームをやってから見た方がいい映画でもある。

 

端的に言えば、和製アクションファンタジー映画。

ハリウッドによくあるアクションに比重を置きすぎて、ストーリー構成や脚本をおざなりにした作品、というのが正直な感想です。ゲームの前日譚であるためか、なんで? どういう原理なの? という疑問符が浮かぶ内容に関して、ほとんど説明がないまま進むので、すごくモヤモヤする。これを見る人は、少なくとも取扱説明書を熟読して、用語とか特殊技能とかそういうのを全部理解してから見てくださいねー、みたいな感じで説明不足な部分が多い。なので、ゲームをやってから見た方が、絶対に楽しめると思う。

ストーリー展開も意外性や盛り上がる部分はあるものの、キャラクターの描写不足が出すぎていて、感動へと至らない。前述したとおり、説明されない物事とかもあるため、主人公と同様に「なんでだよ!?」と思いながら見ることになるので、ある意味共感できるけど、ある意味で疎外感を覚える。もう少し主人公を中心とした世界を描く時間をもっていたほうが良かったんじゃないかなぁと思う。たくさんの人間が死亡するが、けっこう軽い。そこら辺、もったいないなぁと思う。

 

全編フルCGというアニメと呼ぶべきか、難しいんですけど、その映像美は圧巻。アナと雪の女王とかのピクサー映画とか、ハリウッドのCG多めの映画とかありますけど、負けてないどころか勝っている。ここまでリアルに描けるのか、と圧倒される。FF7辺りからのCGの進化とか、バーチャファイターとかのCGが記憶に残っている人はこのCGを見るだけでたぶんこの映画の半分以上の価値を得たと思うはず。同じCGとして、ギルティギアも日本らしくて凄かったですが、FFはFFらしい進化のCGでしたね。

そして全編CGだからこそ描けるアクション。これもまた凄い。CGだからこその映像シーンがいくつも見られ、それがまた違和感がないのだからすごい。しかも、機械と魔法と魔獣と剣と、とすごく日本的なものが描かれているので、これは日本でしか描けないものだなぁと思う。JRPG独特の世界観と映像である。

ただし、高速で動くシーンが多すぎたり、ごちゃごちゃと入り乱れているシーンでは何が起きているのかさっぱりわからないということが結構ある。この辺、描き方が下手だなぁと思う。もっとスローモーションとか、カメラワークをうまくすれば、もっと良くなるのになぁと思う場面が多々あって、ただ派手なアクションが行われているなぁという印象から抜け出せたのに残念。

 

音楽に関しては、特に不満はない。きれいに世界にあっているし。

声優に関しては、ヒロインのひどい棒読み以外は問題なし。主人公の声に関しては主人公の外見と声があっているし、聞いていて本職でない方が演じているなぁ、とかは思わなかった。むしろ、初挑戦でこれだけで来ていたら十分すぎるほど。逆にヒロインのほうはどんな場面でも話し方が一緒だったり、明らかに場面と合わない調子の声なので、残念な感じ。ここは諦めた方がいいでしょうね。

 

というわけで、全編の半分以上をCGアクションで構成された映画なので、そういう映像美を楽しみたいなぁ、和製ファンタジーを見たいなぁという人には向いています。

とりあえず、見る前にバーチャファイターのCGとかを見てから見ると感動しっぱなしだと思います。