読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アルテ

 

アルテ 5 (ゼノンコミックス)

アルテ 5 (ゼノンコミックス)

 

 ヴェネツィアへと舞台を移し、家庭教師生活の始まりです。

礼儀作法だけ、なぜかきちんとしないお嬢様の理由を知る過程、そしてその理由が他と違って面白い。

 

お嬢様の家庭教師としてヴェネツィアへとやってきたアルテ。礼儀作法を教えるはずが、お嬢様はすでに完璧で、なのに食事の席ではわざとめちゃくちゃな食べ方をする。その理由を知るために、アルテはあれやこれやと行動し、そしてその理由を知る。

みたいな感じのあらすじです。

あれですね、表紙のアルテの絵をきちんと見ておきましょう。でないと、アルテが急にロングヘアになったかのように錯覚します。

見知らぬ土地、不慣れなことに悩み、自分らしさを少し見失っていたアルテが教会でバカにされたことで、改めて自分らしさを取り戻したのは上手いなぁ。アルテだからこそ描ける演出だし、それで自分らしさを取り戻すのもアルテだからで、つまりはこの作品だからこそと言える。

そして、お嬢様の秘密。なかなか考えさせられるし、ここまでしっかりと時代背景や設定を描いてきたからこそ描ける問題。

果たしてこの問題に対して、アルテはどういう行動を起こし、決着をつけるのだろう?

 

あと手の込んだ料理がおいしいわけではない、というのは今の世の中にも当てはまるなぁ。ただ焼いただけだっておいしいですもんね。