読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソマリと森の神様

 

ソマリと森の神様 2 (ゼノンコミックス)

ソマリと森の神様 2 (ゼノンコミックス)

 

完全にストーリーを忘れていた。1巻を読み返してから、再読。

これもまた一つの父と娘の話なんでしょうが、2巻は『人間』についてのお話でした。

 

結構早い段階で、人間についてわかったなぁ、というところ。

これまでは幻想的な物語だったのが、今回人間についてのお話がすごいダークで重い。未知の存在に対する人間の行動、それがすごく異常だという風に描かれている。これは結構作品の色を決めたような気がするのだが。

異形ばかりがいる世界で、人間の少女の視点を借りて、一緒に幻想の世界を見ていく。そういう優しい作品かと思っていたんですけど、どうやらもっと殺伐としているらしい。

 

はたして今後、物語はどう進むのか。

ちょっと読めないなぁ。