読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

近しき親交のための同人誌好事会

 

 5/28にあった境界線上のホライゾン中心、川上作品オンリーイベント「第10回 近しき親交のための同人誌好事会」に参加してきました。

同人誌即売会に参加するのは去年以来かな。というか、即売会自体ほとんど参加しないから勝手がわからなくて戸惑い続けていた。

 

本イベントは原作者自らサークル出展しているという稀有なイベントで、イベント終了後に原作者のお言葉をいただける珍しいイベントでもあります。

今回は最後まで参加できなかったんですけど、何かあったのかなぁ。今だと「Obstacle Overture(オブスタクル オーバーチュアー)」かなぁ。

参加サークルは約40。小会議室を使用しているので規模としては小さめ。だが、中身は濃い。

まず原作者のブースは開幕から1時間待てば並ばずに買えます。参加数がそこまで多くないので、急いで買いに行かなくてもたいていは大丈夫です。(確約ではありません)

むしろ他の参加サークルさんのところの方が危険。小規模開催なので基本的に新刊の冊数は少なめにすられているみたいなので、売り切れがちらほら出る。なので並ぶならそちらを優先した方がいいかな。

僕は勝手がわからなかったので彷徨いましたが、原作者本を買った後は先輩から頼まれたR元服本を買ったり、自分用に全年齢の本やストラップを買ったりしました。

 

ホライゾンが好きな人は一度は参加してみるといいと思います。コスプレされている方もいますし、女性のコスプレイヤーさんがホライゾンの制服を着ている姿など、改めてこの作品の格好はすげぇなぁと思ったり、外道衆が揃っていたりと面白い。

今回はたまたま参加できて良かったです。次回以降もできれば参加したいなぁ。