読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神神神は罪に三度愛される

 

神神神は、罪に三度愛される (朝日エアロ文庫)

神神神は、罪に三度愛される (朝日エアロ文庫)

 

 朝日エアロ文庫の新刊だ、ひゃっほぃ! 竹岡美穂さんのイラストだひゃっほぉい!

こんな展開予想しなかったぜ、ずドーーーーーン!!

 

とまぁそんな感じで、今回の感想はネタバレありです。というか、この作品、ネタバレなしには語れない系のミステリーです。あまりミステリーという感じはしないんですけどね。サスペンスのが近いかな。

そしてタイトルの意味が、わからない。というか、比喩表現が何にかかっているのかわかるようなわからないような。誰か頭のいい人、解説込みの感想文よろしくお願いします。

1.気づけなかったこと、2.救えなかったこと、3.罪を犯した犯人のこと

この3つで正解なのか、読んだ人と話をしてみたい。『罪に三度愛される』というのがわかりにくいんだよなぁ。三度っていうのが、うーん。罪だけなら簡単なんだけど、それとも単純に3つの死体ということ?

さて、そろそろネタバレ込みの感想を書いていきましょうか。

編集部が今回素晴らしい仕事をしたと思います。イラストに竹岡美穂を持ってきたのはベストというか、完璧に近い。このイラストによるイメージがあるからこそ、この作品の空気感とでもいうのが、淡く、切なく、夏の儚さのような空気感が出ている。

そしてあらすじもうまい。このあらすじで、この作品のこの展開は読めない。台風、廃校、死体、孤立、というすごい鉄板なミステリー要素。それでいて青春ミステリーという偽ジャンル。そして表紙の二人を見れば誰だって思うはずだ。

ああ、これは『金田一少年の事件簿』的な作品なのかなぁ、と。

主人公の名前が独特だし、きっと周りの人間がたくさん死んで、主人公がヒロインを守りつつ、犯人を推理で導き出すんだろうなぁと。密室殺人とか起きるのかなぁと。見取り図とかあるし、絶対そうだろうと思い込んでいたら、おーーーい、そうくるかぁと。

途中、自分が読んでいる作品がミステリーなのかパニックホラーなのかよくわからなくなりましたよ。もう二人くらい登場人物増やしていたら余計に混乱しただろうなぁ。

でも登場人物が少なく、視点もちょくちょく変わっていくので、ミステリーとして正しく推理する作品ではない。もちろん推理はできるだろうが、微妙なところ。

そして途中でうわぁと思わせ、さらに悲劇の積み重ねをするあたり、読者の心を折りに来ている。最後の結末は辛すぎる。

でもまぁ、この感想文を読んで読もうと思う人は『金田一少年の事件簿』的な作品だと思って読んだほうがいいと思います。そのほうが楽しめます。

 

しかし、これほど誰かと語りたくなるんだから、いい作品ですよね、これ。