読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガールズ&パンツァー劇場版4DX

映画

 

 ガールズ&パンツァー劇場版の4DXが公開されたので見てきました。

4DX初体験。映画を見ているというより、映像アトラクションを体験している気分でした。

 

というわけで、4DXです。

4DX®とは、現在、映画業界で最も注目を集める、最新の<体感型(4D)>映画上映システムです。
モーションシートが、映画のシーンに完全にマッチした形で、前後&上下左右に<動き>、その衝撃を再現。
さらに、嵐等のシーンでは<水>が降り、<風>が吹きつけ、雷鳴に劇場全体が<フラッシュ>する他、映画のシーンを感情的に盛り上げる<香り>や、臨場感 を演出する<煙り>など、様々なエモーショナルな特殊効果で、≪目で観るだけの映画≫から≪体全体で感じる映画≫の鑑賞へと魅力的に転換致します。
通常のシアターでは得ることができない特殊効果によって、映画の持つ臨場感=魅力を最大限開放することができる、アトラクション・スタイルの映画上映システムです。

というもので、遊園地とかであるアトラクションに近いと思ってもらって結構です。

僕が見たのはガルパンですが、スターウォーズマッドマックス、そのほか最新映画が4DXで公開されたりしています。

そんな4DX。凄かった。ズゴン、ドゴン、プシュー、ボボボボッ、ドドッ、グワングワン、シューー、でした。

予想以上に細かいところまで振動完備です。ガルパン劇場版の休憩個所でもあるバスでの移動シーンでも振動するあたり、芸が細かい。大砲が横を通り過ぎる瞬間には座席から空気が耳の横を通り抜けていくし、機関銃の時は連続で出てくる。

ガルパン映画の構成は戦車戦⇒休憩⇒戦車戦、みたいな流れなのですが、冒頭の時点で、おいおいこれ後半戦はどうなるんだ!? と思わせるほど、揺れる動く、吹き付けてくる。あまりの衝撃に終始笑いがこみあげてきて仕方ありませんでした。

振動の種類も様々で、ボコが殴られるシーンなどはマッサージマシンのような衝撃があり、笑えて来ます。

シャボン玉や煙も出ていたのですが、前から4列目の席では前方で出ているだけで、今一つ楽しめませんでした。2列目くらいが実は最適だったのではないか、と今は思います。

香りに関しては、ちょくちょく感じたのですが、何の匂いかまではわかりませんでした。

 

あと注意点が二つあって、

1つは、上映中は席から立てないこと。トイレに行きたくなっても、無理です。物理的に。なので、必ずトイレをすませてから行きましょう。

もう1つは、あくまでアトラクションなので、初見の映画だと内容が落ち着いて見れません。たぶん、初見で見たらどんな映画も感動できないと思う。落ち着かない。

 

あとは過剰な期待を抱かないことでしょうか。イメージ画像とかだとジェットコースター的な感じですけど、そこまでではありません。あくまで座席が前後左右に軽く動く程度だと思っておくぐらいがちょうどいいと思います。

個人的にUSJのハリポタのアトラクション並みに動くのかと思っていたので、ちょっと拍子抜けした部分もあります。

 

一度見た映画で、もう一度見たいなぁと思ったときに4DXがやっていたらラッキー、それくらいの位置づけでいいと思います。

まぁ一度は体験したほうがいいとは思います。僕は終始笑って、楽しんでました。

 最後に『ガルパンはいいぞ』ですよね。