読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しかばね少女と描かない画家

しかばね少女と描かない画家 1 (IDコミックス ZEROーSUMコミックス)

しかばね少女と描かない画家 1 (IDコミックス ZEROーSUMコミックス)

 

 今回の感想にはネタバレが含まれます。それでも良ければお読みください。

本作の帯は非常に素晴らしく、良い帯です。

 

 

 

いいですか? ネタバレ行きますよ?

心の準備はできましたか? 引き返すなら今ですよ?

本作の帯は非常に素晴らしく、ネタバレにならず、なおかつ作品の内容を的確に伝えている。なので、できればネタバレを知らずに読んで、楽しんでもらいたいところ。

まぁそこまで大きなネタバレではないんですけどね。

 

 

はい、では行きますよ? もう文句は聞きませんからねーーー。

死ぬほどかわいい死なない女の子=死体の少女。

ちょっと変わったひきこもりの画家=ロリコン

ええ、いいですか。ロリコンなんです。ロリコンの主人公なんです。何がすごいって、ヒロインの少女から『ロリコンなんでしょ』と言われ、この主人公。否定しない。

朝、寝ている少女の姿を見て、鼻血を出すロリコン。服を脱いだ少女の体を見て、鼻血を出すロリコン。妄想の女の子を描く、ロリコン。幼女がいるだけで元気になる、と断言するロリコン。本物の幼女を描けて涙を流す、ロリコン

そんなロリコンな青年と死体の少女の話だ。すごいねっ! 衝撃を受けたねっ!

様々なロリコン系漫画を読んできましたが、ここまでハッキリとロリコンであることを打ち明けている主人公は初めて見た。

 

ええ、素晴らしいロリコン漫画です。面白いです。それでいて、天才と凡才の話に絡めていこうとする、とんでもない話です。シリアスがありながら、随所に差し込まれたギャグが冴えている。

非常に良い作品。新しくて面白い作品にこうして出会えると嬉しいですね。