読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野性時代 第147号

 

小説 野性時代 第147号

小説 野性時代 第147号

 

 野性時代 第147号の発売日です。

皆様、買えましたでしょうか? 地方の方は13日、14日入荷ですので、ご注意ください。

 

売り切れ続出で難民が出た146号ですが、147号が出ますし、もう手に入れるのは難しいでしょうね。雑誌扱いではなく、ムック扱い(雑誌と書籍をあわせた性格を持つ刊行物のこと)らしいです、野性時代

ムックの特徴は、

  • 雑誌は基本的に出版社は在庫も持たないが、ムックは長期的に販売を意図して書籍のように注文に応じて販売がなされる。
  • 雑誌は返品期限があるため、書店に置かれる期間が限られるが、ムックには返品期限がない。
  • 内容は「増刊や別冊となる雑誌本誌と同じ内容のもの」「同じワンテーマに絞ったもの」「書籍と変わらないもの」の3種類に大別される。

なので、あとは出版社のバックナンバー購入で復活するのを期待するか、この売り切れ事態でなお売れ残っている本屋を見つけるか、ですが、手に入れるという条件は相当厳しいかと。

ただ、読むという条件でいい、コピーでいい、という条件なら方法はあります。

簡単な話で図書館に行けばいい、のです。野性時代を蔵書として置いている図書館がありますのでそこに行けば、読むこと・コピーすることは可能です。僕も米澤穂信の「長い休日」が掲載された120号を読みたいがために置いている図書館を探し、コピーしました。

ただし、野性時代を蔵書として入れている図書館はめちゃくちゃ少ないです。横断検索するカリールというサイトでは検索にうまく引っかからないので、個別に行けるところを検索かけたほうがいいと思います。もしくは電話をかけていくか。

僕が120号をコピーしたのは大阪府羽曳野市立図書館です。蔵書検索をしたところ、146号も蔵書として置いてあるみたいですね。素晴らしい。

 

さて、今日発売日の147号もですが、危険です。

グラビアこそないものの、『物語を観る』という特集にて、

  • 対談
  • 『怪盗探偵山猫』TVドラマ化 神永 学×亀梨和也
  • 「ハルチカ」TVアニメ化 初野 晴×橋本昌和(アニメ監督)
  • 『ピンクとグレー』映画化 加藤シゲアキ×行定 勲(映画監督)

が掲載されております。もちろん、米澤穂信の『いまさら翼といわれても』の後編が掲載されております。すでに予約で入荷分が埋まっている本屋も多数あるそうなので、また難民続出しそうな気がします。(本屋の入荷量はそう簡単には増えないので)

あと、146号の中古が5,000円の高値がついているので転売屋の人にも狙われそうな気がしますので、ご注意ください。

とりあえず、地方で雑誌やコミックなどが1日遅れで入荷するような場所(北陸など)に住む人は今日中に本屋に電話をかけまくって予約しておくことをおススメします。

ちなみに当ブログにも多数の方が「野性時代 売り切れ」のワードで来ていますので、皆様、頑張ってください。

 

予約しておいてよかったです。(僕が予約した、イオンに入っている本屋は2冊しか入荷しないそうなので)