木根さんの1人でキネマ

 

木根さんの1人でキネマ 1 (ジェッツコミックス)

木根さんの1人でキネマ 1 (ジェッツコミックス)

 

 題材は映画ですけど、他人には理解されない自分の趣味についてと思えば共感できる。

共感できない人がある意味うらやましい。

 

映画がとても好きなアラサー女子の様々な気持ちが吐き出されている作品。

とにかく映画に対する熱いこだわりが出てくるわけだが、映画好きなら彼女の語る言葉に一つは引っかかるはず。映画好きでなくても、自分の好きなものが他人に理解されない気持ち、語り合える友達がほしい気持ち、ネタバレに対する恐怖感などなど、共感できるネタばかりだ。

逆に共感できない人は相当幸せな人生を送っているとみていい。

とにかくノリと勢いが強烈で楽しい。自分がオタクだと思っている人は一読してみてください。きっと楽しめると思います。