読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

王とサーカス

一般小説

 

王とサーカス

王とサーカス

 

 さよなら妖精、を復習のために読んだけど、本当に必要なかったですね。

それにしても、米澤穂信先生の作品の幅は広いなぁ。

 

古典部シリーズを読んだ人に、次はこれとか読ませたらビックリするか、あまりの毛色の違いに途中で読むのをあきらめるかのどちらかでしょうね。

最初は史実をもとにした架空ミステリーなのかなぁと思っていたら、まさかまさか。そして最後の少年との語らいの場面はナイフでグサッとくる強さを持っていましたね。

大人向けの米澤作品としては読みやすい方ですね。テンポもいいし、伝えたいテーマもわかりやすい。

 

朝のワイドショーやニュースもまた、娯楽、なんでしょうね。

国会前で行われている安保の抗議活動すら、遠く離れた地に住む人からしたら娯楽なのかもしれないですね。