バリアクラッカー 神の盾の光と影

 

バリアクラッカー 神の盾の光と影 (電撃文庫)
 

 第21回電撃小説大賞電撃文庫MAGAZINE賞>受賞作!!

これはかなりレベルの高い作品が出てきたのではないでしょうか。

 

アイギスというあらゆる傷と病いから人を守る不可視の盾がある世界で、起こるはずのない殺人事件が起きる。その謎を追った先に待ち受ける真実とは。

という作品なんですが、これがなかなか伏線がうまい。非常に巧みにわかりやすい伏線と隠された伏線が交差させて、最後にアッと驚く展開を破たんなく持ってきている。

キャラクターの魅力が弱いという欠点はありますが、ストーリー展開と話の構成がよく磨かれていて、完成度が高い。

ご都合主義な点がないこともないんですが、許容範囲内。

舞台設定もわかりやすく、中二病的な表現も少ないので、純粋にファンタジーとして楽しめる。

 

第二巻が早くも10月に出るので、今度はどういう風に描いてくるのか楽しみです。