東京鬼攻兵団TOGS

 

 古本屋で見つけて思わず購入。

Gファンタジーで読んだ当時は終了間際で意味不明だったのですが、面白かった記憶が残っていたんですよね。

 

斎藤カズサさんは今は連載とかしてないのですねー。

南国動物楽園奇談が非常に面白かったので、リメイクされないかなぁ。

で、本作ですけど、思っていたより展開が早い。もっとゆっくりとしたテンポかと思っていたので、こんなにも急展開なのかと読んでいてビックリ。

しかも結構暗い内容がはらんでいるなぁ。これも予想外。

 

全体として予想を裏切る展開が連続したのが面白くて、すごいなぁと。最近、自分の予想をここまで何度も裏切る作品に出会えてなかったので新鮮。

人を選ぶ作品ではありますけど、個人的には好きです。