読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラブライブ!劇場版


「ラブライブ!The School Idol Movie」劇場本予告(90秒ver.) - YouTube

 

というわけで、見てきましたラブライブ!劇場版。

うん、萌えアニメの劇場版としてはほぼほぼ完ぺきではないでしょうか。

 

アイドルマスターアイカツ!プリキュアラブライブ!という順でアイドル映画を(一つは正確には違いますけど)見てきましたが、今回のラブライブ!萌えアニメとして、ほぼほぼ完ぺきな出来ではないでしょうか。

映画のストーリーという点では、アイマスアイカツには劣りますけど、ミューズの9人に焦点を絞って、その可愛らしさを前面に出すという点では一番でした。それぞれに的確にスポットを当て、テレビではなかった組み合わせも見せ、この9人だからこそ、というのが画面いっぱいに出ていました。

 

アイマスが後輩との関係を中心に描き、アイカツ!は先輩との関係を中心に描き、ラブライブ!は彼女たちだけに絞って描いた。それは正解でもあり、失敗でもあったかな、と。

それぞれに一長一短があるものの、ラブライブ!はテレビシリーズで解散について2期丸ごとを使用して描いた。あの2期が良かった分、映画でもまた解散について話すのは、ちょっと蛇足感というか、繰り返し感があった。個人的には、その先を描いてほしかったかな、とも思う。ミューズを解散した後、どうしたのか、と。

あれだと、ミューズ解散後の2年生1年生トリオは残りの学校生活がどうなるのか不安ですね。それともあえて、その先を描かずに今後の展開のために残しておいてくれたのかな。解散とは言ったが、完結とは言ってないですからね。

そういう意味ではアイカツ!は完結とバトンタッチが完璧だったな、と思う。まっ同じのを見せられても仕方ないので、ラブライブ!の9人の可愛らしさに焦点を絞った作りは正解だったと思ってます。アイマスの映画ほどシリアスに陥らなかったですしね。

 

本当に、萌え、という点では素晴らしかった。冒頭から9人の可愛らしさ全開で、ニヤニヤできる場面の連続で、安心してみてられました。後半も締めのためのシリアスが入りますが、そこまで暗くなく、同時にキャラの良さがよく出ていたかと。

本当に9人全員が可愛かった。

その点で不満がある人はいないんじゃないかな。ことりちゃんの枕や花陽ちゃんの白米、真姫ちゃんの楽譜やキス顔、にこのにこにー、絵里の寝言に海未ちゃんの顔芸、凛ちゃんと希ちゃんは全体的にいいとこどりだし、穂乃果は主人公でした。珍しい組み合わせも多かったし、見ていてワクワクさせられた。キャラの魅力を最大限に引き出していたと思う。

個人的にはA-RISEの優木あんじゅが一番でした。色っぽくて可愛くて大満足でした。あんじゅちゃん、マジ可愛い。ラブライブ!で一番好きです。異端ですよね。だからかShocking Partyが流れたのは嬉しかったなぁ。逆にミューズ側が既存曲を流さなかったのは少し残念。新曲に絞ったのは一つの決断でしょうが、既存曲も欲しかったところ。それとも気づいてないだけであったのかな。

 

新曲はどれも良かったです。とくに1年生と3年生がよかった。3年生の可愛らしさ全開の曲はよかったですね。この辺、何回も見返すことでもっと楽しめるんでしょうね。リピート客を想定していたからこそ、新曲なのかもしれません。

CGに頼らずに手書きなのも驚きましたねぇ。あそこに全労力をかけたんだろうなぁと他で少し崩れた作画を見てたりすると思います。

 

CGはサンライズではあるものの、ILCAとグラフィニカなので、アイカツ!のサムライピクチャーズに比べると劣りますね。いやまぁ、アイカツ!のCGがえげつない進化を遂げているので、あそこと比べるのは酷ですね。動かし方も違いますし、一概に比べるのはダメかな。

ラブライブ!手書きとの切り替えが多かったですし、その切り替えがうまかったですからね。

 

色々といい点悪い点ありますが、総合得点としては高いです。ラブライブ!という作品が好きな人はまず見て損はないでしょうし、萌えアニメとして、満足できる出来です。

ファンが要求するレベルは軽く超えていたと思います。

これは円盤買ってしまいそうだなぁ。