読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はしっぽ花星

コミック

 

 ジェネシス休刊により中断していたから仕方がないとはいえ、早い終りだった。

こがわみさきさんの独特の世界観をもっと感じていたかったなぁ。

 

1巻からだいぶ期間があったせいか、中身を忘れてしまっていた。思い出すまでに少し時間がかかりましたが、読むとやっぱりその独特の世界観が面白い。

というか、3月発売だったみたいなのですが、書店で見る機会がなく最近発見したのでした。書店で新刊売場はちょくちょく見てたはずなんですけどねー。

 

全二巻の本作ですが、登場人物が多すぎてちょっと把握しきれなかったかな。クラスメイトなどが結構いろいろ絡んでいて、それはそれでいいんですけど、2巻目という巻数であまりぞろぞろ出てこられると把握に時間がかかる。

もうちょっと長期連載ならありだったとは思いますけど。

 

個人的にはこがわみさき先生は短編のほうが光っている気がしなくもない。鋭い一撃というか、登場人物が絞ってあって、わかりやすいので。

でもまぁ、ジェネシス休刊を乗り越えて無事に完結を迎えてよかったです。

次を楽しみに待ってます。