放課後のプレアデス

 

 アニメが百合で、綺麗で、優しい世界で、見ていて癒されます。

今季のブルーレイ購入筆頭候補の『放課後のプレアデス』。そのコミカライズです。

 

漫画を描くのは「Anmi」さんという方。表紙詐欺なんてこともなく、白黒の作品内すべての作画が非常に綺麗で、この方にコミカライズしてもらえて良かった、と本当に思いました。

放課後のプレアデスの優しく、綺麗で、柔らかな世界が繊細なタッチで描かれています。

物語はアニメと同じストーリーですが、アニメよりもほんの少しだけテンポをゆるめてわかりやすくしております。特にアニメ第一話を一コマ一コマ丁寧に描いているおかげで、アニメでは流れるように進んだ内容もしっかりと読み込んでいけました。

そして絶妙なアングルが非常に多いわけですが、なぜか「パンツ」が見えない。

これは、もしや一時期話題になった「ぱんつはいてない」なのだろうか。

パンツじゃないから恥ずかしくない、と言っていたアニメに関わっていた佐伯監督の作品が「ぱんつはいてない」疑惑があるのは、なんなんだろう?

実にすばらしいねっ!

 

コミカライズなので、アニメが面白いと思った人はぜひ買うべきだし、そうでない人は手を出さないほうがいい、というわかりやすい作品。

でも、コミックのクオリティ自体は非常に高くて、個人的には単品としてもオススメできる。

 

魔法少女の優しい世界。にやにやしながら、癒されます。