一週間フレンズ。

 

 ピュアな二人と優しい友達の物語が遂に完結。

最後まで優しく、ピュアで、純粋な世界をありがとう。癒されました。

 

最終話のラスト数ページの透明感は異常とも言える。これほどピュアな世界というか二人を最後まで描き切ったなぁと。

途中、いちゃいちゃしているところではニヤニヤできたり(人によってはイラッとするかもですが)、過去を思い出そうとするところでは純粋に応援したくなったり、自然と応援したくなる、見守りたくなる物語でした。

欲を言えば、もう少し伏線を張り巡らせてほしかったというのもありますが、妥当な展開でしょうか。超展開を持ってこられるよりも何倍もいいです。

最後の数ページだけで僕はもう満足、お腹いっぱい胸いっぱいです。

 

アニメのおかげでたくさんの人に知られたのが、個人的には嬉しかったです。

次作の用意もあるということで、次はどんな話が来るのか、楽しみですね。