読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲーマーズ!

 

 葵せきな先生の作品は『マテリアルゴースト』『生徒会の一存』『ぼくのゆうしゃ』ときて、『ゲーマーズ!』です。

この人の作品、毎回1巻は買うんだけど、続かないんですけど、今回も……。すごく面白いんですけどね。

あと、ネタバレ含みます。

 

というわけで、今回は葵せきな先生の得意分野であるオタクネタを取り込んだ作品。実に共感できるとともに、うまく組み上げられている。

超絶美少女から部活への参加を誘われて、から始まる物語はスタンダートから外れた流れで上手い具合にラブコメと組み合わさって面白くなっていきます。

最初に好感と共感を持たせ、そこからグイグイと話を運んでいく手法はベテランともいえる作家の技か。

それが非常に面白く楽しんでいたわけですが、もう一人のヒロイン・星ノ守千秋が出てきてから歯車が狂いだす、というかまさしくこの作品の主人公・天野景太と星ノ守千秋との食い違いと同じだ。

葵せきな先生の作品は最初は「おっ!」と面白いな、と思うんですけど、途中から後半にかけて僕の好みとずれていくんですよねー。故に1巻で脱落してしまう。

でもね、面白い作品だと思います。これは売れる! というか、僕自身の好みを度外視すれば、売りたい! と思わせる力のある作品です。

だからこそ、なぜ親友ポジションキャラの男子をラブコメに関わらせたかなぁ。べつにそれはいいけど、それは1巻のうちに済ませてほしかった。ラストで「高校生活の最後まで」と書かれるのですが、そこで僕的にこの作品は終わりました。

1巻は高2の春ですよ? 高3の冬まで小説時間だと長すぎる。そこまでこの人間関係が錯綜したラブコメに付き合ってられない。主人公とメインヒロイン・天道花憐とヒロイン・星ノ守千秋の三人のラブコメならいいですよ。面白いですよ。

でも、そこに親友ポジションキャラの男子とその恋人までラブコメに加えてくると、うーん合わない。それを1巻の盛り上がりに持ってきてくれて、次巻から違う展開を見せてくれたら、と思ったけどたぶんシリーズ完結まで続くみたいだし、ダレるのが見えてる。

というか、終始安定した場所がないから読んでいてしんどくなる。

そんなわけで非常に面白い作品だとは思いますけど、僕は追いかけません。

 

ただ、男女間の複雑な人間関係を元にしたラブコメが好きで、ほどよくゲームが好きならドンピシャで合うと思います。