読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

情報系女子またたびさんの事件ログ

 

情報系女子またたびさんの事件ログ (TO文庫)

情報系女子またたびさんの事件ログ (TO文庫)

 

 滋賀県ということで手に取ってみたら、滋賀県は関係なかった。

情報系というのは今まで手を出さなかった分野ですが、現実的な技術にのっとったお話はよかったと思います。

 

滋賀県にあるR大学情報理工学部の学生、相川作久良(あいかわ・さくら)は学園祭の中止を企む犯人捜しのため、「画像情報研究室」を訪れる。そこに寝てい たのは中学生にしか見えない女の子。彼女こそ、通称「またたびさん」と呼ばれる、情報科学の天才的な研究者、木天蓼麻美(もくてんりょう・まみ)だった。
合理性を優先し人の心を解さない麻美は、お人好しの作久良と共に事件解明に挑んでゆく。あなたのココロが試される、ほのぼの理系女子(リケジョ)ミステリー!

 

というあらすじなのですが、滋賀県である必要性もR大学である必要性も皆無。まぁR大学の在校生・卒業生はよかったのかな? でも、大半のそうでない人からすると、どこの大学でもよかった点は、ちょっと残念。今後続くようなら大学の外も描いてほしいところ。

とまぁ、期待した部分が出てこなくて残念な気持ちもありますが、お話自体は手堅い作品。またたびさんと主人公の掛け合いがもうちょっとあればなお良し。今後続くようなら面白くなるのかな?

情報系の面白さは出ていたので、あとはキャラクターが立ってくれば、良い作品になるのではないでしょうか。

あと地元感をもっと出してほしいところ。大学内で完結してしまうのは意外過ぎた。