読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魚里高校ダンジョン部! 藻女神様と行く迷宮甲子園

 

 ダンジョンと野球を絡み合わせた設定。

色々と見えない部分もありますが、全体としては非常にファミ通らしい作品ですね。

 

二軍が一軍を倒す。王道であり、燃える展開です。200ページ近くを二軍と一軍の対決に割いているのは素晴らしい。思ったより早い対決に驚き、後半は別の話なのかな、と思ったほどだ。

キャラも一巻目ということもあり、三人に主軸を絞っているのはベスト。変にあちらこちらと手を伸ばさずに三人の関係を深く描きつつ、うまく絞った展開でした。

 

課題があるとするなら、ダンジョンの構図が今一つわかりにくかったこと。主人公が藻女神様を忘れていた、を2回もするのはどうかということ。野球と組み合わせてますけど、今一つその意味が見いだせないこと。そんなところでしょう。

それでも全体としての完成度は高く、安心して読み進められます。

今後、9人全員をうまく描きつつ、対戦相手も描けるのか、それがこの作品が面白くなるかどうかの境界線になるでしょうね。

ただ野球物はラノベでは短命なので、そこら辺、頑張ってほしいところ。

 

どちらかというとサッカーのほうが親和性は高い気がするが、それだと差別化できないのが難しいところでしょう。

良い作品だと思います。今後を楽しみに待ちましょう。