読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マウス

雑記

FUJITSUのノートパソコン(LIFEBOOK AH30/G)を使っているのですが、タッチパッドの設定がうまくいかなくて非常にイライラしながらこの二年間使っていました。でも、文章をもう一度書くには邪魔で仕方なかったのでいろいろと調べ、独力も加えてどうにかタッチパッドを無効化することが出来たので、メモ代わりに残そうかと。

【症状】
コントロールパネル⇒マウスで表示するも、フラットポイントに関する表示が出ない。
マウスデバイスの項目にタッチパッドタブ デバイス設定 USB接続時の動作 がでない。マウスプロパティで表示されるタブは「ボタン」「ポインター」「ポインターオプション」「ホイール」「ハードウェア」のみ。

【手順】
1)Alps pointing-deviceのドライバーをアンインストール⇒再起動
2)「すべてのプログラム」⇒「ソフトウェアディスク検索」⇒種別で「入力装置」⇒DPinst.exeで再インストール

【結論】
プリインストールがおかしかった。これに尽きるんでしょうね。
もっとも基本的な今あるものを一度アンインストールして、再インストールしたら治るって。
しかし、それがどこにも書いてないし、公式にも書いてないからわかりにくいという結果に。
 
というか、タッチパッドって必要な機能なのか? まぁ、マウスに接続しなくても使えるようにするためでしょうけど。
なんていうか、今している仕事もそうですけど付加価値をつけてゴテゴテシテいくのがお客様のためって、そういう考え方が浮かぶのはいいけど、逆にシンプルな考えは浮かばないのが問題なんだろうなぁ。
あれもこれも、ではなく、あれしかできない、というのが逆にわかりやすくていいんじゃないか、と思う今日この頃です。