俺が童貞を捨てたら死ぬ件について

俺が童貞を捨てたら死ぬ件について(4) (メテオCOMICS)

俺が童貞を捨てたら死ぬ件について(4) (メテオCOMICS)

本屋に行ったら置いてあったので購入しました。まさか2日前に出ているとは予想外!
そして、最終巻だと知って、二重に驚きました。もっと、続いて、欲しかった!
 
『俺が童貞を捨てたら死ぬ件について』という衝撃的なタイトルに加えて、タイムリープものという素敵な設定。2度目の世界をやり直す主人公のお話でしたが、まさかこんなにも早く完結してしまうとは。
Webでも追いかけてはいましたが、予想していませんでした。
葉月ちゃんが幸せそうな結末を迎えれたのでよかったのかな。主人公は・・うん、まぁ知らない。
 
最終巻らしく、すべての謎明しであったわけですが、結局、なぜタイムリープしたとかそういうところは放り投げですか。
それ以外のところは一通り出尽くしたわけですし、いいのかな。
どうなんだろう? 個人的には葉月ちゃんのヒロイン力が高すぎて、もう一人のヒロインの吉野さんに今一つ感情が向かなくて感動が薄かったかな。なんもかんも、葉月ちゃんが可愛すぎるのが悪い! なぜ、メインヒロインじゃないんだ。
ダブルヒロインモノはハーレムでない限り、必ずどちらか一方になるから自分の好きになったヒロインでないと気持ちが乗らないですね。
それでもこの作品はサスペンスものとして面白かったと思います。前半の引きが最高でした。
 
でもなんだろうなぁ、この不完全燃焼なのは。
時間が一気に飛んだからだろうか。それとも最終巻だと予想していなかったからだろうか。
 
もう3回ぐらい、一から読み直して堪能しようと思います!