俺が童貞を捨てたら死ぬ件について

俺が童貞を捨てたら死ぬ件について(3) (メテオCOMICS)

俺が童貞を捨てたら死ぬ件について(3) (メテオCOMICS)

3巻目に入り、ますます面白くなってきた本作。書籍担当なら全力で押すのに、と思う今日この頃。
読書メーターで小説オンリーで登録していたので、コミック用に別アカウントを取ってみました。どちらかといえば、小説よりもマンガを多く読んでいるので、こちらは更新頻度が多いと思いますが、コメントは書かないでしょうね。
 
「俺が童貞を捨てたら死ぬ件について」というインパクトのあるタイトルに見合ったサスペンス調の物語です。
「COMIC メテオ」というWEBコミック誌で無料連載されている本作ですが、非常に面白い。15年後の未来で死ぬ運命を回避するために「童貞」を守りつつ、死ぬ運命を回避しようと奮闘する主人公のお話です。
3巻では二人目に関係を持った女子をどうにか不幸にしないように頑張るのですが、主人公がどこまでも自分の命を守るために頑張る、というのが面白い。他人から『他人のために動くタイプではない』と言われ、それを認める主人公。
そしてそんな主人公の動きによって周囲は変化し、だけれど、主人公自体はまだまだ変わっていなくて、今後どうなるのかが全く読めない。
 
ぶっちゃけ、主人公が幸せになるか不幸になるかはどうでもよくて、ヒロインの一人である葉月ちゃんが幸せな結末を迎えてほしいなぁと思います。
3巻の引きを読んで、すぐにメテオで続きを読みました。やっぱりそういう選択肢を選ぶよなぁ、と。
先の展開が非常に気になる本作。
AICとグループ会社らしいですし、ここはもうアニメ化へと突き進んでほしいなぁ。