言の葉の庭

はーい、4年も待たないうちに新作が見れて嬉しかったです。
新海さんの作品とかを見ると、自分の読解力のなさを疑いたくなったり、ならなかったり。
 
さてさて、新作なわけですがブルーレイを予約する程度には楽しめました。
映像作品としては非常に綺麗で、この映像美を他では見れないのは何が違うからなんでしょうね。もし、この映像美と同等のものを他の人が作ってきたとき、新海ブランドはどーなるんでしょうね?
個人的には新宿御苑の俯瞰図の映像が非常に綺麗でした。作品内で唯一感動したシーンでした。
 
なので、映像に関してはたぶん見に行った人の誰もが安心感を持って見に行ったと思います。
問題はストーリーで、今回は前作のように決着だけで終わらずに、きちんと浮上の部分まで描いたわけですが、相変わらずわかりにくい描き方をするなーと。
意図はわかるのですが、初見では伝わりにくかったなぁ、個人的に。トトトトトーン、と連続して進まれると理解が追い付かないなぁ。
悪いわけではなくて、それを的確に拾える人もいるわけで、まっいいんじゃないですか?
 
ユキノさんの職業があれだったのは作品展開的にはわかるが、ちょい残念。あと実家が四国なのは徳島のイベントに参加したからかな?
 
この作品に関しては結構レビューがあふれているので、あえて書くことはないですかねー。
成長はわかるけど、やっぱり原作付きの作品を一度やってもらいたいなぁとも思ったりします。
数年以内に加納新太さんがきっとノベライズを出してくれると思うから、それを楽しみにしておこう。秒速のノベライズは神がかっていましたし。