読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HK/変態仮面

一般小説

HK/変態仮面

HK/変態仮面

それはただの正義ではない。ただの正義の味方ではない。正義の変態だ。勝てる!
映画を見て非常に面白かったのでノベライズも買ってみました。
 
うん、このノベライズも面白かった。映画も面白かったが、このノベライズも著者の独特のセンスが所々で光っていて、楽しめました。
文章で「――男の乳首は、銃弾の気配を察知するためにある!」と真面目に書かれているんですよ。いやはや恐れ入った。並みのライトノベルでもここまで吹っ切れた文章は見る機会が少ないというのに、ノベライズという要素ながらここまで文章で真面目にバカをやっているのは素晴らしいと言わざるを得ない。
うん、ぜひ自分で書く小説の参考にしよう。
 
変態仮面自体の面白さは映像のインパクトがある映画と比べると落ちることは否めない。
その分、地の文の真面目に狂った文章が面白さをフォローしている。上記の文以外にも「クールなサウンドを奏でる五人組の『オオカミ仮面』」とか、さらっとネタが入っていたりする。そういった一つ一つを面白おかしく読む小説である。
 
映画のノベライズなので、話の内容は映画と同じであるが、映画で中だるみをした数々の刺客の部分を一瞬で切ったのはよかった。
話として簡潔に収まったし、まとまりがよくなっている。
逆に映像で映える格闘シーンもバッサリ切っているのもある意味で潔い。まぁ描写できないね。
 
発行元は集英社であるが、集英社はどうしてこれをSD文庫で発売しなかったんでしょうね。
ラノベのスタイル向きだと思うんですけどねー。価格も手を出しやすいレベルに落ちますし。
 
なんにしろ、ここ最近で読んだ小説と引けを取らない良さでした。