読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小説 仮面ライダーディケイド 門矢士の世界〜レンズの中の箱庭〜

一般小説

全てを破壊し、全てを繋げ!
まさか自分自身の物語すら壊して、新しい物語を提示してくるとは思わなかったけどなっ!
でも、面白かったからいいですよ。
 
と、仮面ライダーの中で一番好きなライダーであるディケイドの小説が出たので買いました。前からライダーの小説が出ていることは知っていて、Wの小説も買ってはいるのですがまだ未読です。
ディケイドを先に読んだのは、発売日が前倒しになっていて、本屋で偶然見つけたこと。ラスト一文立ち読みで読んで、すごく展開が気になったからです。
 
そんなわけでディケイドの小説ですが、テレビ版などのブン投げとは対照的に再構築された物語は程よくまとまっておりました。
色々と細かい設定の齟齬やライダーに詳しくない僕でも首をかしげる描写がありましたが全体を通してみれば面白かったですし、鳴滝さんや海東の意味も出てきていて、良い出来だったと思います。
残念なのはディケイド・ディエンドのルーツが不明なことぐらいでしょうか。いっそ、鳴滝さんが作ったという風にしておけば面白さが増したはずなのになぁ。
 
鳴滝さんの最後の独白のおかげで、どうしてディケイドが破壊者なのか、今までの鳴滝さんのセリフの意味合いが反転するのは非常に良かったですね。勉強になりました。
だいぶ荒っぽい小説ではありますが、一つのヒーロー小説として完成されているので読んでみる価値はあるかと思います。