エーコと【トオル】と部活の時間。

エーコと【トオル】と部活の時間。 (電撃文庫)

エーコと【トオル】と部活の時間。 (電撃文庫)

 電撃大賞の金賞受賞作。受賞作の中で一番マシかなぁと思って選びましたが、こんなものなのかな?
 過去に読んだ電撃大賞ほどの衝撃を受けないのは僕が大人になったからでしょうか。
 
 色々と言いたいことはあるんですが、読書メーターにも書きましたが「CV花澤香菜」ですよね、この主人公。
 俺の妹がこんなに可愛いわけがない。の黒猫みたいな声? モーレツ宇宙海賊のチアキ・クリハラとか、電波女の花沢さんとか、そういう系統の花澤さんの声を連想させる文章なんですよね。作者にCVは誰なのか聞いてみたいです。
 小説を読んでいてあまりそういうことを意識することはないのですが、文章というか話し方というか、そういうのが似ているんですよね。
 
 ミステリーとしては微妙、かな。どんでん返しもほろ苦さも特にない。一人称が淡々としているせいで盛り上がりに欠けた印象があります。でも、キャラクターは悪くはない。
 もうちょっと中心のエーコとトオルの会話を楽しみかったかな。
 
うーん、厳しいところ。