ソード・アート・オンライン

初版発売当時から気にはしましたが、宣伝の仕方が癪に障ったので、手に取らなかったシリーズ。
アニメ化もあり、仕事上もあって1巻を読んでみました。うーん、どうなんでしょうね。
 
ストーリーの類に関しては今更説明する必要はないでしょうが、読んでみて思ったのは、アニメのほうがわかりやすいなぁ。
でも、アニメもアニメでストーリーが飛び飛びですよね。そして原作も同じくらい飛び飛びとは思いませんでした。
飛び飛びというか、ぶつ切りというか、うまく流れてない印象を受けました。アニメの影響だからですかね。事件に巻き込まれて解決するまでの流れなんだろうなぁと思ったら、巻き込まれたところは回想だったのでアニメとの違和感が。
 
個人的にもう少し丁寧に伏線を張ってほしかったかなぁと。
同じネットゲームであるところのクリス・クロスやドットハックと比べるとちょっとレベルは落ちます。クライマックスをいきなり読まされる展開だったのが意外だったかな。
あとヒロインとの交流が物足りないというか、説得力に欠けていた。
 
悪いとは思わないけど、この世界観や設定を二巻で使い切っているのはすごいと思います。
ソード・アート・オンラインって、この一つの世界観だけで描かれた話だと思っていたので。
 
現代のネットと密接している若者が好むネットゲーム小説。アニメを楽しく見ていこうと思います。