読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きなライトノベルを投票しよう!! 2012年上期 投票

雑記

英国マザーグース物語―婚約は事件の幕開け! (コバルト文庫)

英国マザーグース物語―婚約は事件の幕開け! (コバルト文庫)

英国・マザーグース・男装少女・推理モノ・恋愛・兄弟もので19世紀という個人的に釣り針が大きな餌に釣られて購入してみれば、予想以上に面白かった本作。キャラクター同士の掛け合いが非常に面白い。2月に1巻が出てから3カ月で2巻が出るスピード出版も素晴らしい。男性でも十分楽しめます。
この一冊、ぜひとも読んでもらいたいです。
【12上期ラノベ投票/9784086016469】

  • サイハテの救世主 PAPER I:破壊者

岩井恭平さんの新シリーズ。やっぱり天才を描くのが上手な人。読んでいるとビューティフルマインドを思い浮かべてしまいます。
一巻ではまだまだ登場人物同士の絡みが少ないので、愛着を持つには至りませんでしたが今後の展開に期待します。
ところで、消閑の挑戦者はもうリスタートしないのかな。
【12上期ラノベ投票/9784041002131】

ローゼンヒルのばら姫―見習いプリンセスポーリーン

ローゼンヒルのばら姫―見習いプリンセスポーリーン

  • 見習いプリンセス ポ−リ−ン ローゼンヒルのばら姫

円山夢久さんの最新作。ライトノベルなのか怪しいですが、中身はそれに近いファンタジー世界で主人公の女の子が冒険する物語です。とにかく話の展開の仕方や伏線の張り方が丁寧で分かりやすい。お話の内容は小さな子供向けなのですが、大人が読むとお話づくりの王道がよくわかります。
そして子供向けながら細部までしっかりと設定が組まれているのが見て取れる、良い本です。
【12上期ラノベ投票/9784337104013】

マリア様がみてる―フェアウェルブーケ (コバルト文庫)

マリア様がみてる―フェアウェルブーケ (コバルト文庫)

やっぱりマリみては面白い。打率・打点の高さと安定感は「さすが」の域です。いつもどおりの短編集と挿話の組み合わせなのですが冒頭から始まる世界への没入感と読後の気持ちよさは本作でも変わらず。
今更おすすめされなくても、よく知られているでしょうが好きなものは好きだからしょうがない
そうそう、ひびき玲音先生、ご結婚おめでとうございます。
【12上期ラノベ投票/9784086016315】

と、以上4作品を投票いたします。
うん、異色というか、ちょっとずれている印象を自分でも持ってしまいます。
しかし、最近の日常チョイエロ系の話とか、外道ファンタジー系の話とか、ゲーム系の話とかには触手が動かされないので、全体として読む量が減ってしまいますね。
六花の勇者と問題児はまだ読み終わっていないのでスルーしました。ビブリアも3巻は感想を書くほどではなかったのでスルー。
 
今後の購入予定としては、
マグダラで眠れ 支倉凍砂 鍋島テツヒロ
GENESISシリーズ 境界線上のホライゾン V 〈上〉 川上稔 さとやす (TENKY)
雪の翼のフリージア 松山剛 ヒラサト
創世の大工衆 刻を紡ぐ幻の音色 藍上ゆう ぴょん吉
シュガーアップル・フェアリーテイル 銀砂糖師と虹の後継者 三川みり あき
光圀伝 冲方丁
が今のところ考えていますが、これ以上買えるものが出てきてほしいところ。
さしあたり、今回の結果の本を探してみるところから始まりますかね。