空声

空声 (電撃コミックス)

空声 (電撃コミックス)

こがわみさきさんの新刊。個人的にはステンシルコミック・セツナカナイカナ以来の購入。
しあわせインベーダー、魅惑のビームとステンシル時代のこがわみさきさんのオムニバスはどれも大好きでした。
 
本屋で見かけるまでまったくノーマークだったのですが、本屋で見かけた瞬間ビビッと来まして、家で調べてみれば「こがわみさき」さんだと知って、ネットで注文しました。
読んでみると、思い出してくる過去の本。薄く繊細なタッチで描かれる優しさと柔らかさが溢れた物語。久しぶりに味わう心地よさ。
第1話は吹奏楽をやるトランペット少女は他の奏者と合わせられなくて、気晴らしに川原で吹いていたら小太鼓を叩く小学生や超絶上手い歌い手が現れたり、というお話。
第2話は通学電車で手前の席に座る女の子。その女の子が気になって。
第3話はテスト用紙を盗み出そうと学校に忍び込んだカップルだったが、風邪で声が出なくなってうまく相手に伝わらなくて。
第4話は音の物語。
 
全ての物語で音や声が絡んでいて、どれもこれも伝えたい言葉と伝わった言葉に齟齬が生じたりして、うまく伝わったり、伝わらなかったりします。
優しい気持ちになれる作品。
電撃大王ジェネシスで新連載が始まるみたいなので楽しみ。百合、なのかな?